玉井陸斗(飛び込み)のプロフや出身小学と中学はどこ?筋肉と身長も調査!

玉井陸斗(飛び込み)のプロフや出身小学と中学はどこ?筋肉と身長も調査スポーツ
玉井陸斗(飛び込み)のプロフや出身小学と中学はどこ?筋肉と身長も調査

玉井陸斗(たまいりくと)君、わずか12歳にして男子高飛び込みで快挙を続けています。

そんな玉井陸斗(たまいりくと)君の若干12歳でのプロフィール(経歴)出身小学校中学校はどこなのでしょうか? また、筋肉(板チョコ腹筋)や身長など体格ついて、調査しました。

そして、日本最年少オリンピック代表選手となるのか!? 東京オリンピック2020までの道程についても書きましたのでお楽しみください。

最後にYouTube動画でバキバキ12歳筋肉を見てみましょう!

スポンサーリンク

玉井陸斗 プロフィール

高飛び込みの競技は、水しぶきをいかに少なくするか(ノー・スプラッシュ)、および華麗な難度技をいかに織り込めるかが、高得点の秘訣です。

玉井陸斗(たまいりくと)君が小学5年生!から共に練習を行った、既に東京オリンピックが内定した寺内健選手によれば、「異次元の高飛び込み」と言わしめた天才高飛び込みアスリート、そんな玉井陸斗(たまいりくと)君のプロフィールがこちら。

 

玉井陸斗(たまいりくと)
生年月日:2006年9月11日(執筆時12歳)
出身:兵庫県宝塚市
小学校:宝塚市高司小学校(たかつかさ)
中学校:宝塚市高司中学校(たかつかさ)
143cm

36kg
所属:JSS宝塚

 

プロフィールに中学校までの経歴しかないのが凄い!

スポンサーリンク

玉井陸斗 オリンピックへの道のり

 

この投稿をInstagramで見る

 

k_higoさん(@shine_people_japan)がシェアした投稿

玉井陸斗君の凄いところは齢(よわい)12歳にして、東京オリンピック2020の代表選手に選考されるところにきていることです。

玉井陸斗君のオリンピックへの栄光の架け橋をたどりたいと思います。

【祝】2019年4月21日 日本室内選手権 男子高飛び込み日本選手権 優勝

世界選手権(韓国 7月)の代表選考会を兼ねた試合で、初出場(デビュー)にして初優勝の快挙を成し遂げました。

しかし、この時点で12歳7か月、オリンピック年齢制限(※)のため、東京オリンピック内定には至りませんでした。

オリンピック年齢制限をクリアする東京オリンピック内定までの道のりがこちらです。

来年2020年2月日本代表選考会(東京辰巳国際水泳場)で結果を出し、4月のW杯東京大会の日本代表に選考されること。

次に、日本代表として2020年4月W杯東京大会(東京アクアティクスセンター)で上位18人で争う準決勝に進出すること。

こうして晴れて東京オリンピック内定が決まります。

2006年9月11日生まれなので、東京オリンピック(2020年7月)開催年度12月末時点で14歳、オリンピックの年齢制限はクリアし、東京オリンピック2020から世界の飛び込みの第一人者として飛躍を期待せざるを得ません。

いかに天才高飛び込みアスリートの玉井陸斗君であってもオリンピックはそうたやすくキップを渡してくれないのですね。

※オリンピック年齢制限は競技種目により異なります。
たとえば、サッカーはアンダー23です。(オーバーエイジ枠もあります)

スポンサーリンク

玉井陸斗 筋肉(腹筋)

玉井陸斗君、若干12歳の中学1年生、彼の筋肉としなやかな体型に着目です。

特に腹筋に刮目しましょう。

最後のYouTube動画のバキバキ12歳腹筋は板チョコのようです。

ツイッター画像

YouTube動画

スポンサーリンク

玉井陸斗 まとめ

玉井陸斗君は、何と言っても12歳にして、東京オリンピック2020の男子高飛び込みの日本代表選手候補、そしてあの筋肉(板チョコ腹筋!)であります。

玉井陸斗(たまいりくと)
生年月日:2006年9月11日(執筆時12歳)
出身:兵庫県宝塚市
小学校:宝塚市高司小学校(たかつかさ)
中学校:宝塚市高司中学校(たかつかさ)
143cm

36kg
所属:JSS宝塚

プールの高飛び台の位置に立ったことありますか?

とてもあんな高さから飛び込むことなんて出来ませんよ。

多くの人が恐怖を感じる高さなんですが、玉井陸斗くんはさらりと芸術的にやってのけるんですよね。

ぜひとも、玉井陸斗くんを応援しましょう!

スポーツ飛込
スポンサーリンク
スポンサーリンク
konokijiをフォローする
スポンサーリンク
コノキジ KONOKIJI
タイトルとURLをコピーしました